2008年05月30日

脂肪肝とウォーキング

脂肪肝と運動については以前に触れましたが、具体的にウォーキングについて調べてみました。
私の場合朝早くから晩遅くまで仕事をしていますので、なかなかウォーキングをすることができませんが(甘え・・)最近はよくウォーキングをしている人達を見かけることが多くなりました。
ウォーキングはただ歩けばいいというわけではないようです。
特筆する点を見ますと
1・背筋を伸ばして目線は4m〜5m先をみます
2・肘を軽く曲げ大きく振ります。
3・ひざを伸ばして歩きます。
4・足先は「かかと」から着地して徐々につま先へ体重を乗せていきます。
5・スピードはゆっくりと会話ができる程度のスピードが適しています。
6・大きく足を開いて歩きます。

ウォーキングは有酸素運動の代表格です、有酸素運動の基本はゆっくりを脂肪を燃やすところにあります。
約20分以上を目安にゆっくり歩きましょう。
友達などを誘って楽しくやることが一番です。
ウォーキングで体脂肪を「ガンガン」燃焼させて内臓脂肪に「かつ!」を入れましょう。
気をつけておきたいのが、せっかくの運動で足を痛めたりすることです。
まずは十分なストレッチを行いウォーキングに挑みましょう。
服装は通気性のよい運動に適した服装で、肝心なのは靴です。
最近ではウォーキングに適した靴も沢山有名ブランドからも発売されているようです。
クッションの良いもの、軽いものなどを選ぶと良いでしょう。
ウォーキングについて書かれた著書や、インターネットサイト沢山あります。
正しいウォーキングに挑戦して、脂肪肝の改善に役立てましょう。
aruku.jpg


タグ:脂肪肝
posted by sibou-kan at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脂肪肝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

脂肪肝と漢方

脂肪肝の最大の原因である、内臓脂肪ですが、内臓脂肪を減らす方法は基本的に「運動」と「食事療法」といわれています。

しかし、それだけではなかなか効果が現れないかたには(私もそうですが)薬を服用することも選択肢の一つかもしれません。

薬は副作用というものもあります。ここで漢方の登場でう。

一般的に漢方は副作用が少なく、急に変化はでませんが、時間をかければかなり安全で、健康的に内臓脂肪を減らすことができます。

内臓脂肪に結うかな漢方は代表的に「防風通聖散」(ぼうふうつうしょうさん)と、「九味半夏湯加減方」(くみはんげとうかげんほう)等があります。

漢方の特徴は時間がかかるということです。
そもそも人間の体は急に変化することを嫌います、よって漢方のようにゆっくり時間をかけて効果が現れるものを好みます。

「防風通聖散」は最近では薬局で販売されています。
もともと、私のように自己管理ができない人にはゆっくり効果が現れるのに我慢できないのですが、体のことを考えると漢方薬が一番良いようです。

中性脂肪を減少させる理屈には医学的な根拠が必要です。
私も漢方の先生ではないので、これ以上はかけませんが。

「防風通聖散」や、「九味半夏湯加減方」をインターネットで検索してみていただければ、たくさん出てきます。

私自身、小林製薬の「ナイシトール」という漢方を薬局で購入し服用していました。

今のところ途中で飲まなくなってしまったので、効果は見て取れませんが、再度、挑戦したいと思っています。

とにかく、漢方の力をかりて、中性脂肪を減少させ、更に食生活や、運動のきっかけになればよいと思います。

効果については、体験談を公開していきたいと思います。
タグ:脂肪肝
posted by sibou-kan at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脂肪肝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。